ろうそくと線香

家族だけで執り行うなら家族葬|親族だけで参加可能

このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀後に行う

ダンボール

芦屋で遺品整理を行うのなら、専門業者に依頼した方が効率的です。葬儀を依頼した業者が担当してくれることもあります。いろいろな業者を比較しておきましょう。また、故人の意思を尊重しつつ、いろいろと片付けることが大切です。

View Detail

最近増えた葬儀の形

お葬式

以前は近所の人が亡くなった場合、町内会からのお知らせが来て葬儀や通夜に参列したり手伝いに行ったものでした。しかし最近は誰にも知らせずにひっそりと家族葬を行うケースが増えてきました。このような場合、新聞のお悔やみ欄などにも載せることを控えることもあり、知り合いはずっと後になって知って驚くのです。家族葬をする理由は、故人の希望や宗教にとらわれずに葬儀を行いたい、費用を抑えたいなど様々です。中には家族だけでなく親族やごく親しい友人だけでとり行う場合もあります。また告別式は行わず葬儀のみで済ませることも多くなっています。葬儀社も時代のニーズに合わせて様々なタイプの家族葬を用意しています。小さな葬儀なので一般のものよりかなり格安なものがほとんどです。

家族葬を行う場合、知人や友人に事前に電話などで葬儀の参列や香典、花などを辞退する旨を伝えることもあります。また葬儀が終わってから書面で伝えるケースもあります。また葬儀後に改めて故人とのお別れ会などを開く場合もあります。通常の葬儀では初七日の法要を告別式のあとに行うことがほとんどです。しかし家族葬では初七日を省略することも増えています。それだけでなく49日や初盆の法要を控えるところもあります。葬儀は家族にとって費用面だけでなく精神面でも大きな負担を与えます。葬儀社が手伝ってくれるとは言え、こまごまとしたことや会葬者にも気を配らなくてはなりません。ゆっくり故人との別れを惜しむ時間もないのです。家族葬を行うことで様々なことに煩わされることもなく静かに故人をおくることができます。

セットが人気

男性

家族葬は、落ち着いた雰囲気の中で故人とお別れが出来るとして多くの人から注目を集めています。人気となっているのは10から20名程度の葬儀ですが、人数に応じてプランが組めるため自分達に合った葬儀が行えるのです。また、葬儀会社によっては、事前に登録をしておくと会員特典で家族葬が割引になるサービスもあります。

View Detail

仏様を祀る場所

シニア

大切なご先祖様を供養し、祖先への祈りと向き合うことができる仏壇は、昔は豪華なスタイルが一般的でした。最近では住宅事情にマッチしたコンパクトなサイズなども登場し、種類やデザインも豊富で選びやすくなっています。

View Detail